カンポンボーイの
果物歳時記南米編

アンディローバ


2018年10月9日

日本語 アンディローバ
中国語 苦油树
ブラジル名andiroba
スペイン語andiroba
ガイアナ名karaba、crabwood
英語名crabwood、andiroba
ドイツ語Läuseholz

学名Carapa guianensis Aubl.

センダン科(meliaceae)
カルパ属(carapa)

皮膚病の薬の木
 イツベラの農家へ行ったとき果樹園のはずれにアンディローバという皮膚病の薬にする木という背の高い木を植えてありました。今は種を取って苗木を作っているとの話でした。
落ちていた果実はたいてい4つに割れていましたが、果実は高さ13cm、径12cmのやや角のある球形で重さは約800g有り、栗色の種子が8個詰っていました。
大きい種子は高さ5cmと幅5cm、厚さ3cm、重さ45gでしたが、割れた果実からこぼれて落ちていた種子は高さ3-5cm位で形は色々で重さは35g位で、大き目の栗のようでもありました。
写真にみえる葉は長さ18cm、幅6cm位でした。落ちた種から一月もすると芽が出るそうで、自然に育って50cm位の若い苗になっているのもありました。

分布
 アンディローバ(andiroba)という木の呼び名は先住民のニェエンガトゥ語(Nheengatu)のnhandi robに由来し、nhandi(苦い)と rob (油)で苦い油に依っています。
アマゾン原産で、大きな川沿いの定期的に水につかるようなの平地に多い高くなる木です。幹の下の方では枝を出さずに大きくなり、上で枝を出し葉を茂らせます。
カリブ海の島々、中央アメリカにも分布し、南米では東海岸のガイアナ、スリナム、ベネズエラ、西海岸ではエクアドル、ペルー、コロンビアに分布し、ブラジルでは北部のアマゾン地方に生育しています。国によりいろいろな呼び名があります。
普通は板根がある高さ30m、直径1m位の木で、大きなものは高さ60m、直径2mにもなります。
マホガニーの仲間の木なので、南米熱帯産の木材名としてクラブウッドの他に偽のマホガニー、ガイアナマホガニー、ディメララマホガニーとも呼ばれて、マホガニーの代用で家具や建築材料として使われます。

薬の木  アンディローバは先住民が樹皮、葉、種、種から搾った油を薬にしていて、民間伝承の薬として現在まで伝わっています。 伝承をもとにして今どきの民間医療では”天然物由来の”とか”自然の”と言った頭書き付けたマッサージオイルや化粧品がたくさん作られています。

油の利用  一つの果実に10-20個入っている種子は60%位脂肪を含んでいて、成分分析によると、飽和脂肪酸はパルミチン酸28%、ステアリン酸9%、不飽和脂肪酸はオレイン酸49%、リノール酸11%、リノレン酸1%が主なところです。この脂肪は薄黄色で25度より低温ではワセリンのように軟らかく固まります。脂肪は非常に苦い成分を含んでいます。クラブオイルと呼ばれます。

 民間伝承の薬の効能書きは以下のようなものです。 種の油で作った塗り薬は筋肉や腰の痛みをやわらげる薬、皮膚病には鎮痛とかゆみ止めとして虫刺され、湿疹、腫物、切り傷、火傷の薬でした。油を頭に塗りマッサージすると髪の毛を強く多くするというのもあります。
いまで言うなら化粧品、マッサージオイル、軟膏です。
木の灰などと混ぜて薬用石鹸を作ったり、燈明とかうそくに混ぜて蚊や蝿を防ぐ"虫取りろうそく"も作っていました。
油にアナット(KBの果物歳時記で扱いました http://kampong.life.coocan.jp/Nov05/Part0/contents/annatto.html)の赤い粉を混ぜて体に塗ったり、髪に付けて蚊、スナノミ、ダニ、シラミなどの咬む虫よけにしていました。
種をつぶして湯でといて飲んでマラリヤ、下痢、赤痢の薬とするとか、つぶした種にヤシ油を混ぜて筋肉痛の軟膏とした例もあります。

樹皮と葉の利用  厚く剥がしやすい樹皮も葉も民間伝承の薬として使っています。
樹皮には渋味と苦味があります。
渋味はタンニンによるもので、苦味はcarapineというアルカロイドによります。樹皮のタンニンは皮なめしに使います。
薬としては、樹皮または葉の煮だし汁は飲んで熱さまし、咳や気管不調の薬とするほか、皮膚を洗う薬として痛み止め、かゆみ止めとして皮膚炎、潰瘍、火傷、創傷に使います。
マラリア、胃痛、赤痢、リュウマチの薬とし、(寄生虫)虫下しとする例もあります。
何だか先住民にとって「良薬は口に苦し」の万能薬と言ったところです。

 今では、ブラジルではアンディローバは昆虫忌避剤、防腐剤、治癒剤、抗炎症剤の原料となる種子の油を採る薬用植物とみなされています。アマゾンの奥地に住んでいる人たちが、森林を守りながら生活し、木材以外から収入を得て生活を向上するという観点からも注目している木です。

シンガポール植物園に樹があります
 アンディローバは1885年にマラヤに持ち込まれシンガポールとマラッカで良く育ったとの記録があります。(A Dictionary of the Economic Products of the Malay Peninsula、1966 )
現物については、シンガポール植物園に植えられています。1938年に英領ガイアナからもたらされたもので高さ24m、胴回り4.7mとあります(2014年、https://www.nparks.gov.sg/gardens-parks-and-nature/heritage-trees/ht-2012-190)



Copyright 1998 All Reserved by Kiyomi Kosaka
南米編目次へ 果物歳時記トップへ