カンポンボーイの
果物歳時記南米編

ブラジルナット

2017年1月29日
日本名ブラジルナット、パラグリ
ブラジル名  Castanha do brasil、 Castanheiro do Pará, Castanha do Maranião
先住民の言葉Eraí、Iná、Tocari
スペイン語Castaña、Castaña del barasil
英語名Brazil nut、 Para nut、 Amazon nut
中国名巴西果
学名Bertholletia excelsa Humb. & Bonpl.




アマゾンの森の高木
 ブラジル北部のアマゾン流域の乾いた森が原産の木でギアナ、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、コロンビアに自生してます。
高さは50m位にまっすぐにのびアマゾンの森のでは目立つ高木です。幹は直径1.5mから2mにもなります。幹が4m、5mのものは樹齢が500年とか1000年と推定されています。枝は幹の上の方まで出ないで、他の木が届かない上の方で大きく枝を広げます。それで、樹冠は直径20mから40mにもなります。
この木の種がブラジルナットで食べる所です。
ブラジルナットの木
 写真の木はアマゾンの森ではなくて、バイア州の農家の庭に植えられていたものです。上の方に4個茶色の果実がついていましたが、良く見えません。この木の下で拾ったブラジルナットの果実が下の写真左側の穴の開いた球です。

果実には蓋がある
 果実は蓋果(がいか)と言って蓋つきの実です、径10-15cmの球形、重さは500g位から大きいのは2kgにもなり、果実の表面はザラザラの粗い木質で厚さは1cmくらいで硬いです。果実は熟しても蓋は開かないで落ちます。種子は果実の中に10-25個入っています。種の形は三面の半月形、ちょうどミカンの袋状で、 表面には小さい凸凹と皺があります。種子の皮も硬くて手では割れないです。重さ7-8g、長さ4cm、厚さ1.5-2cm、幅2.5cm位です。 中の薄い皮に包まれた仁が食べるところで、ロウのような不透明の白さです。重さ4-5g、長さ3-4cm、厚さ1-1.5cm、幅1.5-2cm位でした。
100 ブラジルナットの果実 ブラジルナット種子を取りだす
これは直径12cm、重さ900gでした径10cm大きな鉈でたたき切って種を取り出す
成分と利用
 ブラジルナットは脂肪含量が高く65-70%、タンパク質17%ほどあります。ビタミンB6とビタミンEを多く含みます。ミネラルでは、マグネシウム、リン、亜鉛、セレンが多く、ルビジウムやストロンチウムを含むという分析例もあります。 生でも炒っても食べることができます。塩味のナッツ、チョコレートをかぶせたナッツ、生のナッツをあらびきして乳状にして料理したり小麦粉と混合して色々な菓子を作ります。
圧搾すると淡黄色で芳香のある良質な油が取れるので、食用のほか、化粧品、医薬品、石鹸作りに用いられます。 機械式時計の潤滑油にもします。油を搾った残りはタンパク質が多いので家畜の餌にできます。

アマゾンの森の重要産品
 ブラジルナットはアマゾンの自然の森から収穫される木材資源以外の世界的貿易産品です。かってはアマゾンの森から得られる輸出品として天然ゴムに次ぐアマゾンの重要産品でした。
今でも、アマゾンの森で拾い集めるブラジルナッツはアマゾン奥地の貧しい住民に雨季のころに仕事を与え、現金収入をもたらし、地元の経済を支え彼らの生活の向上に役立っています。
収穫は数人が組になりジャングルに入って何日も歩き回って行い、果実を拾い集めて実を割って種を取り出して、小舟の通れる流れの所に持ってきます。落ちてくる実に当たれば大怪我か死ぬことがありますし、毒蛇にも注意が必要です。ヘルメットをかぶってやる危険な作業です。加工場のある大きな町まで小舟で運び、ここで殻をむいて輸出用製品とされマナウスやベレンの輸出港まで運ばれます。
アマゾン河奥地のアクレ州やロンドニア州には、ナッツの採取者は協同で集荷、前処理、貯蔵、販売をするために組合を作って天然の木を保全しながら自分たちの生活も守っている所があります。
下の画像はベレンの市場で写したものです。
 果物屋の台にありました 皮をむいています 1リットル1ヘアルです


右側は砂糖をまぶしたナッツ
クリスマスのナッツ
 ヨーロッパにはクリスマスにナッツを食べる習慣がありますが、これは冬至にナッツを食べるというヨーロッパの先住民ケルトの風習がキリスト教に入り混じったことの様です。そんなことで、クリスマスのナッツとしてアメリカとイギリスへは多く輸出されています。
アメリカでは食品のスーパーマーケットでKg程度の袋入りが売られているのを見ました。KBのいたブラジル南部の町では、食品市場の店で剥いてないナッツを大きな麻袋に入れてあり量り売りしていました。
日本では大粒のナッツの入ったミックスナッツにジャイアントコーンとともにブラジルナッツが入っています。
ブラジル航空に乗ったときに出されたナッツは塩味のブラジルナッツでした。
橋本悟郎先生と話した時、あれは大きいがあまりうまくないねーとのことでした。そういわれて、KBが慎重に食味したところでは、味には主張する個性が弱く、同じブラジル原産のナッツで比べるとカシューナッツの方が良かった。さらに言うとアーモンドとピーナツの方がブラジルナッツより上等な味と言う判定でした。
生産は減少
 ブラジルだけでも1970年頃は50,000トン/年、1980年頃は40,000トン/年の生産がありましたが、1990年は25,000トン/年と段々少なくなっています。2014年の生産量の統計ではボリビア18,500トン、ペルー3,500トン、ブラジル3,000トンです。ボリビアでは栽培の試みもされているようですが、ブラジルでは今でも野生の木から採集したものです。現在、輸出の多い国はボリビアとペルーでブラジルの輸出量はわずかです。
自然保護
 この木はアマゾンの森ではとくに目立つ大きな木で、幹に取り付く植物には居場所です。ある種の蜂とコウモリだけが花粉の媒介をします。硬い果実を穴の所からかじって開けるのはアグーチ(agouti)と言うネズミのような小動物しか出来ません。種の散布は動物の食べ残しによっています。こうしてブラジルナットはアマゾンの森一員となっているのです。
人が継続的にナッツを採取し続けると若い木が育たなくて森の生態系は崩れてしまいますし、農地開発、木材用の伐採によっても天然のブラジルナットの木は少くなってしまいます。
それでブラジルナットの木を切ること、ブラジルナットの木材を販売することは1987以来禁止されました。ですが、森を焼いて農場にしたり、違法伐採によって天然の木は少くなっています。
木は保護されているので、人家の近くに生えていることもあります。木の下を通っているときに落ちてきた木の実で車が傷ついたり人が怪我をする可能性があります。 アマゾンの原生林を開いて牧場を作って荒れた土地にブラジルナットの木を植えて、ナッツの収穫による収入を得るとともにアマゾンの植生回復を図る試みも行われています。
種は傷をつけると1か月ほどで発芽しますが、無傷だと半年以上発芽しません。木の生育は早く実生の苗でも7,8年で実をつけるようになります。
お土産品
 現地の人はブラジルナットをouriço(意味はハリネズミ)と呼んで実を取った後の殻はカップなどの生活具を作るほか土産品を作っています。
「ouriço de castanha」とか「ouriço de castanha do Pará」 をgoogleで検索して見ると色々なもの作られている事がわかります。
マナウスで買ったお土産のフクロウマナウスのホテルで見たペン立て



Copyright 1998 All Reserved by Kiyomi Kosaka
南米編目次へ 果物歳時記トップへ