カンポンボーイの
果物歳時記南米編

グァビローバ


2018年3月2日

日本語 グァビローバ
ブラジル名 guabiroba、gabiroba、guaviroba、gavirova、
guabiroba-do-campo、goiabinha-do-mato、
guabiroba-araçá
英名 guabiroba
学名 Campomanesia sp.

 グァビローバは南米先住民のガラニー族のツピー語に由来し、ガァビロバ-アラサの意味は木の皮が苦い木になる実という事だそうです。
グァビローバと教わってもらって来た果物でしたが、グァビローバと呼ぶ果実は11もありました。どれもよく似ていてこの画像のグァビローバの学名はわかりませんでした。
グァビローバが含まれているカンポマネシア属の木は南米に約百種類もあります。これはフトモモ科の木で、グアバやグルミシャーマに近い仲間です。実の小さい黄色いグアバをひっくるめてグァビローバといった感じです。
グァビローバの学名はCampomanesia guaviroba (DC.) Kiaerskですが、これにも別名が16もありました。

おもしろい名前
「葉の小さいグァビローバ」といったような説明のついたグァビローバは22もありました。たとえば、甘いグァビローバ(guabiroba-de-doce)、犬のグァビローバ(guabiroba-de-cachorro)、セラードの(guabiroba-do-cerrado )、自然のグァビローバ(guabiroba-nativa)、ブラジリアのグァビローバ(guabiroba-de-brasília)と言った具合です。
原野の小さいグァビローバ(Guabirobinha do campo)とか原野のアラサ(araçá do campo)と言う名前もありました。 これらは違うものなのか、同じものの別名なのか、分類関係がハッキリとしていないようです。

 生えているところは、熱帯、亜熱帯のセラード地帯の小さい木の生えている藪から南部の温帯に近い地方の原野や山に自生しています。
野生の木は大きいものは10m位にもなる小木ですが、普通は大きくても5、6mの潅木です。
10月から12月頃(夏)、アラサとよくにた雄蕊がたくさんとびだしている白い花を咲かせます。1月から3月頃(秋)に直径2cm位の果実は熟して黄色から橙色になります。
果実には弱いですがグアバのような香りがあります。味は甘くて果肉は汁気があり、4、5粒の硬い種はヌルヌルした透明な果肉に包まれています。
生で食べるほかにジュース、ジェリー、アイスクリーム、果実酒にするそうです。
写真の実は大きさは直径1.7cm-2cm、高さ1.5cmでやや扁平で萼片の残りは小さかったったです。
グァビローバの実はたいていが黄色からオレンジ色に熟すのでが、マットグロッソドスル州のカンポグランデの夜店で手に入れたグァビローバは皮にぼつぼつがあり緑褐色で果肉は緑色でした。味は甘く酸味はなかったです。名前を聞いてこなかったのでこれ以上は分かりません。


庭木にはいいかも
 果物としては庭先に植えることはあっても、商用栽培されるほどには関心がもたれていません。山とかセラードの原野から採ってくる果物で、人が取らなければ小鳥や動物たちの食料です。庭木としては常緑の葉が美しく、白い花をたくさんつけ、黄色い実も付けるので好まれる様です。


Copyright 1998 All Reserved by Kiyomi Kosaka
南米編目次へ 果物歳時記トップへ