カンポンボーイの
果物歳時記南米編

事の始まり
   KBがブラジルでちょっと見たことを種に大袈裟に南米版を作りました。マレイシアや東南アジアで見た果物と重なっているので分類はあいまいです、そのわけはコロンブスが、今言うところの西インド諸島に着いて、アメリカ大陸を発見してから、たくさんの植物がヨーロッパ人に知られることになり今では世界中にそれらが広がって重要な食料となっているからです。またその逆にヨーロッパ人が持って行った植物もあります。ブラジルや南米のほうにはコロンブス以降ヨーロッパやアジアにやってきた植物の御先祖様や近い親類筋がいておもしろいです。
さらに複雑になっていることは奴隷貿易時代にアフリカから新大陸に持ち込まれた植物があります。当然アメリカ側からアフリカに伝わったものもあると思っています。
このページはブラジル版の果物歳時記で始まったのですが、南米のくくりからだんだん脱線してきました。南米にあまりこだわらないで見てくださるようお願いします。
   私としてはできるだけ正確に記すことに心がけますが、私見、無知、不注意、時には悪い冗談に基づく、いい加減なところや誤りがあることを承知の上で見てくれますようお願いします。
無難は無理な話ですので、大難ーー> 中難ーー> 小難ーー> ・・・・ >>と難を減らしたいと考えています。
   そこは変じゃないと言う所がありましたらぜひお知らせ下さい。
Copyright 1998 All Reserved by Kiyomi Kosaka
南米編目次へ 果物歳時記トップへ