< 果物歳時記/パラゴム/2頁目

カンポンボーイの果物散歩
パラゴム 2頁目


パラゴムの東洋への伝来

 コロンブスがハイチの原住民がゴムボールで遊んでいるのを見て、見本をもって帰ってきたのが1494年です。 1736年コンダミーヌによりブラジルでパラゴムノキが発見されると、ゴムの研究と利用が本格化し、ゴム産業が始まり急速にゴム需要が高まりました。そのためにアマゾンの野生のゴムの木からゴムの採取が盛ん行われ、輸出されました。
ブラジルでのゴムの採取法は、自然に生えているゴムの木に傷をつけて滲みだす乳液(ラテックス)を集めていたので、需要の高まりに供給が追い付かなくなりゴムの値段は高騰しました。
それで、ゴムを自前で継続的に供給しようというわけで、ブラジルのゴムの木をアジアの熱帯の植民地で栽培することにしたのです。何回かの失敗の後、1875年マナウスに住んでいたウイッカム(Wickham)は、7万粒という大量のゴムの種を集めて、蒸気船を雇って大急ぎでイギリスに運びました。
キュー植物園の温室  パームハウス
キュー植物園では2625本の苗ができたので、1876年1919本がセイロンのヘナラトゴダ植物園に送られ9割が活着しました。マラヤ(シンガポールの植物園)へ1876年に送られた苗は枯れてしまい、1877年、2回目にキュー植物園から送った苗22本がシンガポールの植物園で活着しました。このうちの9本はペラク州のクアラカンガサー(Kuala Kangasar)に植えられ、1本?(2本かもしれない)はマラッカ州のドリアンサバタン(Durian Sabatang)に植えられました。 これらの木は1880年に始めて開花し1881年から実をつけるようになり、種を取って半島マラヤの各地に種が送られました。 これらの木がアジアへ広がった多くのパラゴムノキの母樹となったというわけです 。
アジアのパラゴムノキのご先祖様
1876年にセイロンに植えられた木の生き残りの一本は1977年には生えていて100年記念のプレートが置かれた画像があります。 その後この木は1988年に落雷により失われました。(麹谷信三、日本ゴム協会誌 第85巻11号(2012)354頁)

1877年にシンガポール植物園に植えた親の木はその後エコノミックガーデン(Economic Gardens)に移植されました。病気が出て木は枯れて少なくなりましたが、生き残りは1925年にエコノミックガーデンが閉鎖されるまで生えていたと記録されています。( I.H.Brukill A Dictionary of The Economic Products of The Malay Peninsula Vol 1,1169,1966)

1877年クアラカングサーに植えた木の生き残りは1977年にマレイシアのゴム100年の記念行事の時にプレートを設置して記念樹として残されています。1996年KBが見たときにも生えていました。

1877にクアラカングサーに植えられたマレイシアで最も古いパラゴムノキ (1996年撮影)

ゴム100年を記念して建てられた記念碑に
は1877-1977がはっきり見えます。
記念切手も発行されました。



ゴム1008年の記念切手と記念碑

わけのありそうなゴムの木

 2003年シンガポール植物園で見つけたパラゴムノキの脇のプレートには第三千年紀の記念としてロンドン市からシンガポール市民に贈られ、2001年10月29日にロンドン市長によって植えられたと書いてあります。
説明文には1877年にKew植物園から運ばれた苗22本はガラスのケースに入れて運んだという事が書いてあります。このガラスのケースとはウォードの箱(Wardian case)のことです。KBはウォードの箱を見たことがありませんが、小型のガラス温室のようなものと想像しています。 この箱は飛行機により短時間で植物を運べない時代イギリスの植物ハンターは大いに利用しました。
シンガポールのパラゴムノキは2013年の画像を見ると大きく育っていることがわかります。
(http://www.waymarking.com/waymarks/WMGAT9_The_London_Millennium_TreeSingapore )
<==3ページ目あり==>
パラゴム続きはここ 前の頁に戻る

Copyright 1998 All Reserved by Kiyomi Kosaka
アジア編目次へ 果物歳時記トップ